上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火浦さんは、状況からして100億を使い切ったんですよね。
あれがダメならどうすりゃいいんだ、という感じですけれども、やはり100億では局地的な救世主にしかなれない。
土台、この「ゲーム」無理あるわ。

さて、最後に現れた人影がサポーターですよね? なんか1話で滝沢を監視していた男がいるとか聞いているんですけれども、その人と同一人物かしら。
でもそうすると、「サポーターが誰かは私しか知らない」に矛盾しないかな。ノブレス携帯を渡した時点では、ということ?
滝沢がサポーターで、人影はアウトサイドだとも考えられる。近藤は滝沢と出会わなければ、すぐに死ぬことはなかったわけだし。記憶を消すってことは逃亡を計画した自分自身を殺すこととも考えられる。でも人影がアウトサイドだとすると「最初にゴールした…」に矛盾するよね…

アウトサイドとのやりとりが火浦さんの芝居だったということから「ノブレス携帯関連以外では不思議なことは起こらない」という姿勢が感じられ、好感をもちました。
最初、記憶の世界かと思いましたよ…

そういや咲ちゃんの「大切な人」が義兄だってことがほぼ明らかにになりましたが、2話から確信していたので特に言うことはありません。


爆心地でのあれは、滝沢の幻覚だと思っていいんですよね。
以下は素人節全開なので、後日追記部分に載せるとします。
なんかあの部分宮崎アニメっぽいなあ、と。
まず、着地で腐海に降りたナウシカが思い出されて、
あのわけのわからないモノたちは(「ルパン」・)「ラピュタ」のロボット兵から、
「もののけ姫」のこだま、「千と千尋」のカオナシ(の面)に連なる
(そもそもこれらは連なって、いるのか?)
流れにあるように思えました。
あのモノたちって、やっぱりニートの怨霊なんでしょうか。
それにしては懐いていましたよね。

滝沢は最初「ジョリー」なんて呼びかけてましたし。聞き違いかな?

ジョリー(ジョリィ?)って、時々母が歌を口ずさんでいるんですけど、昔の犬
アニメの犬ですよね?

あのシークエンスそのものに典故があるのかなぁ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/75-701bb94d


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。