上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私にとってはストレートど真ん中 今度詳しく
(追記あり)

「風神秘抄」が現段階で荻原規子の最高傑作だという考えは今でも変わらないが、
この作品の方があるいは個人的好みとの一致率が高いかも知れない。

物語の構造(アイデンティティーの崩壊と再出発)など、色々と王道である。王道が嫌いな人もいるだろうが、私は大好きだ。

既刊との共通点が多いところも評価が分かれるか。
構造や設定などの共通点を抽出すると、既刊の二番煎じと思う人もいるかも知れない。
しかし、私は読んでいる間先行作品の影を感じることはほとんどなかった。

既刊のいいとこ取りをしながら、趣の異なる作品としている。別に全く違う話を書かなければならないということはないのだ。

そして、続きが気になる。この「引き」で1年待たせるのは酷だ。
読むのを遅らせてある意味正解だった。待つ期間が短くてすむ。

むしろ新刊が1年で出ることを喜ばなければ。

酒井駒子の表紙も素晴らしい(できれば挿し絵が欲しかった)が、「西の善き魔女」のネガとも言える本作なのだから、ビーンズ文庫化も検討してほしい。
※西魔女はC★ノベルズで刊行された後、ハードカバーが出た。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/52-c4ba9a7d


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。