上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧日記からの転記です。
腐っているので注意。 次回予告で
いつも、
「次回、地球へ… 『(サブタイトル)』」
っていうのを、とてもカッコよく言っていて
大好きなのですが、
ついに
「最終回  地球へ…   『地球の  緑の丘』」
って…
最終回て…

寂びし。。。



また、一応言っておきますが、
私は原作を途中までしか読んでないのですが、
アニメで、シロエが死んじゃったあたりで
ウィキペディアの記事を全て読んでしまったので…
だって続きが気になるじゃないですか!

だから知識が不完全なんです。。。。

新装版一巻は購読しました、が
一巻の内容は、
ほぼ全て昔読んだものでした。
まあ、ほとんど忘れていたわけですが。
最終回が終わったら、
残り買って読みます!


さて-




「マツカ、コーヒーを」って
萌え。
夫婦ですよ、完全に!
妻を亡くした男性はこうですよ!

マザーから明かされた衝撃の真実…
既に公式の次回のあらすじに書いてあるっぽいのですが(汗
原作どおり(つかウィキどおり)か気になります・・

メギドの発射を止めたのは、
マツカを思い出したから、、、
マツカの重要度がかなり高いですな。


あれ、再生機構の拠点て、火星じゃなかったの?
今公式見たら、地球になってた。。
まあ、いいや。

色々思ったんだけど、
泡のように消えてしまった。





だからトォニィは一生苦しめっ

テラがあんな姿だったとは・・・
ショックです。多分、ミュウの方々と同じくらい。
あれを見てれば確かに
人類は駄目だ。マザーシステムを死守しなければ
テラは復活しない
と思いますよ。

あ、地球 普通に人住んでるんだ。みんなメンバーズ?
にしてはコモンぽいけど・・・・

SD体制が敷かれた部屋で、
ミュウの方々は無事に過ごせたのでしょうか?
もうこれは想像で補うしかない。
苦しむゼルとか。



あのねぇ、
女の遺伝情報をもとに
男の遺伝情報をつくりますか?
余計な手間がかかるじゃないですか。
目の遺伝情報を手直しするだけで済むんだから、
当然、そっくりな女になるでしょう。
今まで、アニメ改変部分は大体肯定的に受け止めてきたけど、
こればっかりは
母設定の方がよかったなぁ。

ナスカの時に
辺境の、一度放棄した星なんだから、
ミュウの自治区、というかなんというかを認めて
生まれてきたミュウを全てそこに送り込んでも良いのでは?
と思ったけれども
「人間に、人間以上は要らない」
「それでは我々の尊厳に拘る!」
で、納得しました。
テラの復活のために
コンピューターの完全管理体制の下にいるのに
宇宙のどこかに
自由な社会をもった、超人類がいるとなれば、、
私は耐えられないですよ。


リボーンは制服がダサくていい。

コンピューター・テラは登場するのか?
かなり大深度地下にきてるっぽいけど、
これ以上下がるのか?

あ、地球がどうなっても、シャングリ・ラのミュウは無事じゃん。

マザーへ至る道の装飾とかが
怖いです。怖いよ。
インディ・●ョーンズの神殿とかよりよほど。


顔あるのに、また目だけかよ!祖母!

次回 二人が剣もってるっぽいんですが!?

「私に剣を振るう趣味はない」の人(神獣)が
日々武人の誇りをもって訓練している元王子に
剣で敵うわけないじゃん。
そもそも麒麟は軍人無理ですね。
オペレーション・スロータハウスとかやったら
死にますね。

この「声優つながり」は、多分皆考えているだろうと思って、
封印してましたが、
今まで見たことがあまりないから、
今度書いちゃおうかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/4-e45a2626

(アニメ感想) 地球へ… 第23話 「地球へ」

地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】 地球再生機構『リボーン』の拠点、地球。その総本部「ユグドラシル」で、人類とミュウの最終会談が開かれる。全ての判断をコンピュータに頼りきった人類との話し合いは茶番劇にも似た形だけのものだった。グランドマザーとの直接...

レビュー・評価:地球へ……/Section23:地球へ

品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 0レビュー数 2 件 地球再生機構『リボーン』の拠点、地球。 その総本部「ユグドラシル」で、人類とミュウの最終会談が開かれる。 全ての判断をコンピュータに頼りき...

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。