上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらを先にご覧ください

原作も最後まで読んだので、それも交えながらいこうと思います。
あぁ、2度目を見たのが昨日だから、もう忘れ始めている・・・
今回は、話を分かっていたので、思いっきり泣いてしまいました。
Bパートは泣いて泣いて苦しかった。



やっぱり、キースは
・自分は国家元首として、人類の最後の良心を守り抜く必要がある。
・ミュウは進化の必然という結果が出たからには、排除するのはどうか。
・そもそも、ミュウと人類はともに生きていけることは良く知っている。
という矛盾した思いを抱えていたので、
体制の存続かミュウとの共生かの選択を保留にしたまま、
ジョミーと戦い、殺され、ジョミーに大マザーを倒して
(キース自身は職責上、また出生からしてできない)、体制を壊して欲しかった
のではないでしょうか。

ところが、マザーはキースがジョミーに剣を向けたことを
ミュウとの敵対=体制存続
と(恣意的に)(コンピュータに「恣意的」なんて表現を使うのは適当ではないが)
解釈したのでしょう。
マザー像の眼が、そのとき赤く光っていました。
しかし、タイプブルーのミュウを簡単に始末することは出来ないので、
隙を狙っていた。それで、あのタイミングになった。
と考えるのがいいかなぁ。

「最後まで、私はひとりか・・・」
は泣ける。
そうです。思い起こせば、彼が「生まれ」たのは
ステーションの、えと、マザーの部屋。
ひとりで。
サムもシロエもいたし、
マツカもいたけれど、
彼がずっと孤独を抱えて生きてきたことは
想像に難くない。
だから、キースはジョミーに終えて欲しかったな、私は。

ジョミーに関しては、
分かり合えたと信じたキースに殺されるのはあまりに可哀想。
アニメ版のほうがいいかも。

でも、「さいごまで・・・」
の直後に岩が落下して死亡はぐろい。




フェイズ・・・

最終フェイズ
 条件:大マザー機能停止 内容:聖地テラを破壊。マザーネットワークが人類を統御する。
なんで、テラを破壊するのか、ちょっと常人にはわからないですよね。
大マザーが破壊されるということは、テラが敵の手に渡ったということと同義だから、
奪われるなら破壊してしまえ、ということかなぁ?わかんねぇ。
これ以前のフェイズの業務?はとにかく地球再生だと思います。

フェイズ4
 条件:無垢なる者の国家元首がミュウ殲滅を決定 内容:ミュウ因子を排除。現存ミュウの撲滅
ここまでは、アニメで語られていました。
これ以前のフェイズをちょっと考えてみました。

フェイズ仮説

フェイズ3
~国家元首が体制存続、ミュウ殲滅を決定
は間違いないので、どこからか、が問題ですよね。
私は、無垢なる者の国家元首就任からではないかと思います。
折角育てた無垢なる者がうまく国家元首になるべき年齢、状況になるまで
生き延びるかどうかわからないから。
それを生き延びてこその国家元首って話。
それを前提に、

フェイズ2
内容:無垢なる者の育成
原作の印象では
無垢なる者って「人間の心を持ったコンピュータ」という感じがします。
そう考えると、けっこうわかりやすい。
無垢なる者の与えられた役割を考えると、
ミュウがストレスによって消滅すれば、必要ないはず。
だから、フェイズ2への移行条件は、
ミュウの大量脱走・コミュニティの成立
だと思います。

フェイズ1
発生したミュウは実験台か処分する。娑婆にミュウはいない。



さて、感想に戻りますか。


「マツカやサムに顔向けできる」
でした。
やっぱりシロエは空耳か。
でも、「やりたいように生きた」ということを考えれば、
シロエが一番だと思うんだけど。
ジョミーがシロエのことを知らない(と思った)から?


あと、触れ忘れたことは・・・
ミュウ+人類=ひと
なんですね。
ミュウの力が「つなぐ力」というレティの言葉は
とてもよかった。
このミュウの存在解釈は原作よりよいと思う。

あと、
原作フィシスは人々にかしづかれていたけれど、
アニメでは「じゃあ、女神さま?」
「いいえ。ひと、ひとよ」
と言っていたのが印象的でした。
「清らかな大地へ」
はグッときました。
針路を聞かれて
「ぼくたちの、ひとの未来へ」
正直、シドさんは困ったと思いますが、それはいいっこなし。
この言葉は大感動ですよ。



それから、
「箱の最後には、希望が残ったんだ」でしたね。
これじゃ、ちょっとキィワードせりふにはなり得ない。長い。「ンダ」はない。

でも、他になんだろう。
真面目に考えれば
ヒト ノ ミライ ヘ
とかですよね。

あぁぁぁぁぁっ
セリフ起こししたいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
名台詞ばかりなのに。。。
じつは22話のセリフ起こしをギャオでやったんですが、
完璧主義すぎて、最後の5分強(一番重要)をする前に
無料公開が終わってしまったのですよ。
欲を出して「全セリフをおこそう」と思ったのがいけない。
せめて、重要なところからするべきだった。
22話の対応は後で考えるとしても、
今回は、ほんとに大事なものだけにしよう。
セリフ起こししたら訂正します。

ミュウ ト ジンルイ ヲ ツナグ チカラ
キヨラカナ ダイチ ヘ
サイゴ マデ ワタシ ハ ヒトリ カ…

ジョミーとキースがトォニィに言った言葉はなんだっけ・・・

ドケッ ヒヨッコ ドモ!
マードック タイサァァァァァァァァ
ワカゾウ ダケ ニ カッコウ ツケラレテ タマルカ!

すみません、ふざけています。
でも、マードック大佐の最期のあたり、好きです。
彼ってこのために登場したの?

縛られたジョミーが何と言っていたか気になります・・・・

では、この辺で。また見たあとに、書き直します。
原作感想は落ち着いたら別記事で書きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/30-fabcff81

レビュー・評価:地球へ……/Section24 : 地球の緑の丘

品質評価 33 / 萌え評価 12 / 燃え評価 12 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 31 / お色気評価 10 / 総合評価 18レビュー数 48 件 キースと2人、地球の地下深く、グランドマザーの元へと降り立ったジョミー。 彼を待ち構えていたのは、驚くべき真実であった。 一方、全...

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。