上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わってしまった…
半年も「地球へ…」のことばかり考えていたから、
これから何を支えに生きれば良いのかわからない…
地球を破壊されてしまった人類のような気持ちです。

そう!テラは無事でした。
良かった、と言っておきます。
私、なんだかんだ言って原作未読(新装2巻まで読んだ)なので、
原作ラストに執着心はありません。
後で述べる僅かな点以外は、素晴らしかったと言えます。


終わった後、しばらく放心状態で、00の宣伝を眺め、
イブニングニュースと言われてようやくテレビの前から離れて、
寝ました。起きたら、19:00を回っていました。
風呂に入っている間に、
何故「イブニングニュースこの後すぐ」まで
見てしまったかわかった。
キーワードを待っていたんだ。
別にトォニィ好きじゃないけど、
最後の待受になるかもしれないと思って、
待っていたんだ。
EDで「ナレーション 若本規夫」て出たから、
てっきり何かあると…
若本さん出番なかったよね?
いや、単に次回予告を待っていただけかも知れない。
まだ、終わったなんて信じられないから…

寝る前に、MBSのサイト見たら、
23話名シーンも、最終回特別待受もDLできました。
しかも、来週最終回の名シーンも出るって!?
じゃあ、投票に参加すればよかった。
てっきりないと思ってた。

最後の、
緑の大地に刺さった十字架=メギド
の待受が欲しい!!でも、1位は厳しいよなぁ。





では、感想


一番の驚きは、グレイブ・マードック大佐。
実は大好きでした。あんなことになって気が付いた。
10話か何かで再登場した時は嬉しかったし、
キースをハメようとするのもよかった。
18話の「私は軍人だ」は泣いた。
22話のセルジュとのやりとりも最高でした。若造若造って…
今回も、若造、よく見てろみたいなことを言って…
彼だって多分まだ30代ですよ……
すっかり食ってしまわれた。
好きだから許すが…


先ほども申し上げたが、
緑のテラにメギドが刺さっている様子は
本当に美しかった。
あれは、
この戦い、永きにわたる苦しみの犠牲者の墓標、かな。



SD体制の秘密を知り、ミュウとの共存を考えたキースは、
しかしテラの再生に不可欠なマザーシステムに
ミュウの入る余地はないことを知っていた。
人類とミュウは共存できる、と誰より知っているキースは、
ミュウを認めることも、否定することもできず、
判断をミュウ自身、その長ジョミーに委ねたのだった…

ごめんなさい。
解釈はもう一度見てからにします。



正直、続きが気になったりなんなりで、泣く暇もなかった。
泣くポイントはたくさんあったが。




リオォォォォッ。何で? 人間を救うのは立派だけど、
自分が生き残ることだけを考えろって、ナスカで言われたじゃないか…
ナスカ以来、キースの様に死に急いでいたのだろうか…?



トォニィが実年齢相応に泣いたりジョミーに甘えようとするのも…
もう少しエピソード間にゆとりがあれば、号泣したと思う。
ここで、本来ブルーとジョミーの間であるはずだった補聴器の受け渡しが。
そうか。
この前フィシスを介したのは、ここに持ってくるためか。


キースの「若者よ…」はめっちゃ違和感あった。
いくつだよ。30ちょいの発言ではないよ。
大体「ナスカは僕の故郷だった」発言だけで、
ナスチルかどうかは確定しないわけで、
自分より若いかどうかわからないはず…
(普通の意味の故郷かどうかわからないから)


それにしても、キース元気だな、おい。本当は助かったろ?
システムを壊し、パンドラの箱を開いてしまったから、
彼には死の他の選択肢を
考えることができなかったのでしょう。



それにしても、マザー怖かった。
目から剣をとばしたときは、日本中のちびっこと共に、
危ない
って叫んだが、無駄だった。そりゃそうじゃ。


フィシスの声に先週から違和感があります。
レティシアに慣れちゃったのかな?
神秘性が失われたような…
ミュウの力をなくしたことを表しているのだとしたら、演技力すごい。
力無いはずなのに、知覚力は失ってないみたいだし、
長老たちとトランスポーテーションしてたし。
多分、予知能力のみ失ったのでしょう。
記憶と引き替えにして。

長老みんなで力を合わせると、
タイプブルーに匹敵するんだ。すげぇ。
長老たち、ミュウのレベルで考えると
ブルーと同じくらいの年齢のはず。
きっと「死ぬならテラの懐で…」
と思っていたのでしょう。
「私たちが生きていたことを、
どうぞ忘れないでください」って…
今になって泣けてきた。




そりゃ、自分達が壮大な実験のモルモットだと知ったら、
管理者壊しますわな。
きっとスウェナの組織も一役買ったことでしょう。
別にこの展開で問題ないと思う。







「これでやっとマツカやシロエに顔向けできる」
って、
キスマツ、シロキスの私の勝手な聞き間違いですか?
あれ?
シロエとサム?
マツカとサム?
わかんなくなってきた。録画したからもう一度見よう。




唯一不満だったのが、
2人ともマザーに殺された(キースは違うかも)こと。
ここは原作の方がいいかなぁ。
いや、評価を著しく下げはしないけど。
キースの命は「戦友」としてジョミーに終わらせて欲しかった。
それに、アニメじゃ、
ちょっとキースの反抗理由が弱い気がするし。
でもマツカ大事は嬉しい。





書き足りないけど、
ちょっと病気になって寝込んでいる間に
大分忘れたので、続きは今度にします。




最後に、勝手にキーワード名ゼリフを考えてみたので。

サイゴ ニ キボウ ガ ノコッタ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/26-7c589ab9

(アニメ感想) 地球へ… 第24話 「地球の緑の丘」

地球へ・・・Vol.4 【完全生産限定版】 キースと2人、地球の地下深く、グランドマザーの元へと降り立ったジョミー。彼を待ち構えていたのは、驚くべき真実であった。一方、全人類圏へ向けてキースのメッセージが発せられる。人類とミュウ、その相容れることの出来ない...

レビュー・評価:地球へ……/Section24 : 地球の緑の丘

品質評価 33 / 萌え評価 12 / 燃え評価 12 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 31 / お色気評価 10 / 総合評価 18レビュー数 48 件 キースと2人、地球の地下深く、グランドマザーの元へと降り立ったジョミー。 彼を待ち構えていたのは、驚くべき真実であった。 一方、全...

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。