上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧日記より。


出た!新OP!!
…前の方が…
「地球へ…」のSFエンタテインメント性が
前の方が出ていた気がします。
歌とあいまってワクワクする高揚感がありました。
中毒性とも言う。
新版はちょっと女の子寄りの映像だったような…
それが不満なんじゃないけど。
歌があんまり好きになれそうにありません。下手?
 冒頭が「卒業写真」に似ていたような…?
ま、慣れれば好きになるでしょう。

さて、本編。
今回ブルーが覚醒し始めたので、おもったのですが、
フィシスがキースに焦がれるのは、ブルーに対する背信行為
というか、浮気なのでは?
次週は駆け落ち(!)するみたいだし。

もう一度注意しますが、14話だけでなく、
もっと根幹のネタバレですよ。






フィシスってキースと同じ××××者じゃないの!?
(ここまで断っといて、結局伏字・・・)
(私自身がうっかりウィキを見てショックを
受けたからです)
どうして子どもの時の記憶があるの?
もしかしてウィキ眉唾!?
原作を読めば分かるのでしょうが・・・
よし、原作はアニメが終わったら、絶対読もうっと。

私が女性の裸を見てたのしくないだけかもしれませんが、
キースの裸はえろえろなのに、
フィシスはわずかもいやらしくなかった。さすが清純派だわ。
最初の頃のジョミーのは、清純というか健康な感じでした。
シロエは…キースのシャツから覗く、
というか、はおっていただけだから…
まあ、最期の回の錯乱してるときは、
本当にセクシーで困ってしまうくらいでした。
マツカはお話にならないほど官能的だ!
結論:SD体制は人を官能的にするvv

OPでは一瞬で成長して見せたトォニィですが…
あ、そか。彼の中では一瞬で体が大きくなったことになるのか。数年仮死で過ごすんだよな…
どうしてカリナは愛する人を失い続けてしまうのでしょうか。
しかも今回は彼女自身にも命の危険が。
彼女の力で生身で宇宙に出て無事なのか?

最近、ニナ・フレキシブルをみかけないけど、元気かな?
そういえば、「Fly Me to the Moon!」を知らない視聴者は、
おヤエさんのことをどう思っているのでしょう。あの時代考証を無視した眼鏡といい…
今回、有能という設定はそのままのようですが、
あれはもともとミュウにいたそういうキャラに
とってかわったってことだよね。

次回ブルーが目覚めることへの興奮で、
今回の内容はちょっと印象が薄くなってしまった。

EDも、何かねぇ…
まぁ、評価は歌詞をもっと知ってからにしよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/19-185f630d

レビュー・評価:地球へ……/Section14 同じ記憶

品質評価 17 / 萌え評価 31 / 燃え評価 11 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 40 / お色気評価 13 / 総合評価 21レビュー数 184 件 囚われの身と成ったキース。 ミュウたちは彼からテラの情報を聞き出そうと心理探査を試みる。 フィシスの中に広がる彼への焦がれるような...

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。