上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧日記より。

とりあえず、箇条書き
・前OPはブルジョミだけど、
二代目はジョミブルっぽいことに気がついた。
ブルー切ないです。目が。
「ボクを忘れないで、ジョミー…
・フィシスってテレパシー能力ないのかな。
捕まる前に助けを呼べば良かったのに。
そんなことだから、
ほんとは逃がしたかった(一緒に行きたかった)
ンじゃないの!?とか言われちゃうのよ。
・カリナは本当に可哀想です。
トォニィ生きてるのに!
ジョミーも辛いよなぁ…
抱き留めることができなかったんだから。
・トキ、だっけ。この無能!
ミュウだろうがなんだろうが、
キースの味方はミュウの敵だろうが。
愛は血族に勝つんだよ(愛、違 血族も違うけど
誰がなんと言おうと
マツカたんはキースのことだぁいすきだよっ。(バカ…
・今頃だけど、ミュウ・ユダヤ人、人類・ナチだよね…
・ずっとミュウを隠して生きてきて、
ずっと辛くて、最初に愛を
(いいよ、どうしても愛が嫌だってんなら、
「信頼」でも「生きることを認めてくれた」でもなんでも)
与えてくれたキースは、
民族(じゃなくて…種?)の絆よりも大切。
第一、マツカたんはミュウ自体よく理解してないみたいだし。
・ブルー復活です!!
弱々しく廊下を行く様子は衝撃でしたが
(仕方ないよ、もとがどんなに強靭でも、
十数年も寝たきりだったんだから筋肉みんななくなってるよ)、
それでも嬉しかった。フィシスに「裏切」られたときの
驚いた情と、
ナキネ
ズミの力を借りていると告白したときの
ちょっと恥ずかしそうな顔に萌えた。
・無力に近い病み上がりなのに
キースの心を読んだり、攻撃思念波(波っつーか、棘?)を発したり
出来るのは、長年の手練手管のなせる業か。
・トォニィを受け止める時…
「うわぁ、ブルー様がバレーしてる。ナイスレシー
ブ!」と思いました。バカです…
・マツカたんの愛に包まれるキース…
・キースは悪人面がかっこいいんだいっ。

・ブルーにナスカの悲劇を直接体験させるのは…
・それにしてもブルーの現状適応能力は素晴らしい。
テレパシーがまだ使えないくらいの回復なのに
どうやって侵入者の存在やらを知ったのか…
・やはり、フィシスはミュウにとっての「マザー」。
欠くべからざる存在。
違うのは、言う通りにするかどうか選ぶことが出来るということ。
・久しぶりに見たニナ…きも…
あの髪型のまま大人になった(そしてあの体型…)ら、
結構気持ち悪い。
「私を月まで連れてって!」では
成長して大変な美少女になったときは
それらしい髪型にしてました。
…まぁ、誰かわからなくなっちゃうから仕方ないんだけど…

総括
1、ブルジョミブル、キター (さすがにあの顔文字出すのは抵抗が…)
2、キスマツ万歳!!DV夫婦よ永遠なれ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/18-61ffade2

レビュー・評価:地球へ……/Section15 変動の予兆

品質評価 17 / 萌え評価 17 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 35 / お色気評価 6 / 総合評価 18レビュー数 186 件 キースの反撃で仮死状態に陥ったトォニィ。 フィシスと共に彼を人質に取ったキースはシャングリラからの脱出を試みる。 トォニィの異変を

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。