上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ヒーローショー」の中身が、「『ほんわか』しすぎている」のは、「私」としては構わないのか?
しかも、子どもをダシに黒髪の乙女と…みたいなことを考えて入った割に、絶好の好機を逃している。いいのか?
ううむ。「ヒーローショー同好会」は、やや難があったと言わざるをえまい。


今回の「私」は完全にアブナイ人であった。
猫ラーメンに連れていった(明石さんすら連れていっていないのに!)のは夢だったからまだ良いが、駆け落ちとは…
しかも子ども、孫、そして香織さんの最期まで一気に妄想するという…
香織さんの声が聞こえてきた時点で引き返し不能地点ギリギリだったのだなあ。

浅沼さんだと知って聞くと、確かに男性の裏声に聞こえなくもないが…やはりどこか信じられない。
香織さんの声が「私」の裏声、というのが、香織さんが喋るのは「私」の妄想であることを暗示していると思う。


先週書き忘れたが、やはりジョニーは檜山さんがハマり役だ。檜山さんにはキレキャラがよく似合う。


最近、明石さんの出番がなくて寂しい。
「約束ですよ」は女性キャラ萌えセリフの暫定マイベストなのだ。これは老婆のシーンのようにフォーマットにして欲しかった。

先週は城ヶ崎との接点が謎と言えば謎(香織さんは小津が誘拐したものと考えたので)だったが、それは今回明かされた。今のところ直近2回で謎は残っていないと思うが、次回何か新しいことが明かされるのだろうか。

「奥手」とは言っても、通常それは人格のある人間に対してだから、極端に奥手だからといって「絶対的安全牌」とは限らない、寧ろ鬱屈している分、香織さんのボディーガードとしては危険なのではないか、城ヶ崎よ。
まあ、奥手のみならず、威嚇でなんとかなる程、気弱だったから最後の日以外は大丈夫だったが…否、「私」の名誉のために訂正しよう。彼が紳士であったからだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/179-93cddc48


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。