上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、作品と無関係に少し。
買ったのが3/31、読んだのが4/29~30、記事を書いている今が5月末って、忙し過ぎでしょ!(記事の日付は読了日に修正)

◆◇◆

軽くネタバレ。

蝗害はなんとかなりそうですね。縹家が動くようですし。
しかし備蓄米、大量すぎる…

問題は、この蝗害を乗りきって、高まる名声は誰のものか、ということですね。
雪乃センセはどうするつもりなんでしょうかね。劉輝の治世は後に「最上治」と称されたとかなんとか、最初の方の巻にあった気がするのですが…
この状況を打開できるのでしょうか…


旺季どの!劉輝は多分無害ですから、実権を取り上げて「上王」にでもするのが無理でも、遠流くらいで勘弁してつかあさい。
まあ、本人の言を見ても、追い出すくらいに止めて、殺す積もりはないのかな、とも思いますけど、やっぱり普通殺してしまうと思います。

好きなもののための政治、嫌いなものを減らすための政治…。劉輝の態度は、泰平の世では悪くないのかも知れないけど、まだ火種が燻り過ぎていたのかもしれない、旺季の方が王にふさわしいのだろう…、と、読んだ時は思ったのですが、究極的には、好きなもののためも反・嫌いなものも、同じことなのではないでしょうか。
でも、二人の道は、多分交わることはないのでしょう。コインの裏表のようで、切なくなりました。



以下、この巻のではありませんが、重大なネタバレですので、シリーズ途中までの方はご遠慮ください。

(2010年5月31日、追記)



秀麗の体のことはどうなってしまうんでしょう?
どんなご都合主義でもこの際文句は言いますまい、ハッピーエンド熱烈歓迎!

◆◇◆

さて、そろそろいいですか?
悠舜のことをなんかすごくいい人とか、思っている人はいませんね。

神器を壊すなどして縹家の動きを抑えていた黒幕って、旺季ではない(多分)以上、やっぱり悠舜なんでしょうか。
癸長官は、職務に真っ向反するようなことは絶対にしない誇り高い官吏ですし、
晏樹が動いているとしてもラスボス悠舜の差し金のような気がします。
ゆるゆるパーマ(違 の暗殺者って、晏樹? 彼はそんなに暇じゃないと思いますが…
暗殺者の描写はまた確認しようと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/174-f6e18a1e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。