上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやぁ、驚くほどシロエ。
キャラソンが必ずしもキャラにあっているわけではない世の中で、
生半可なキャラソンよりもキャラソンらしい。
未聴のシロキスファン(キスシロも可)がもしいらっしゃったら、
是が非でも聴いてください。
B面「Ballad」も中々シロキスです。キスシロでもいいですけど。
大きな蔦屋にはありますよ。
アニメ「コゼットの肖像」EDなので私が借りた時は
声優の「イ」じゃなくて
アニメ楽曲の「コ」のところにありました。


◆◇◆


よく見ると、クレジットにアベPの名前があるんですよ!
もしかすると、私は、
「宝石」シロエキャラソン化を見越してキャスティングしたアベPの思惑に
キレイに嵌まっているのかもしれません。
(アベPはそんなに偉くないと思いますが…)
市販されているのを見かけたら、持ち合わせさえあれば買うでしょう。


◆◇◆


特に「宝石」2番のサビが、
少なくとも私のキャラ解釈とあまりに符合するので、
空恐ろしくすらなりました。

キースに突っかかっていくのは、
まるで冷たい機械のようなキースの心を融かして、
人間らしくしたいから。
キースに突っかかれば突っかかるほど、
自分に跳ね返って、心の傷になる。
本当は好きなのに、素直になれない。
愛すれば愛するほど、「破滅」(言い過ぎ)に向かって行き、
「破滅」に近づけば近づくほど、そのことが想いの証、支えになってゆく。
(「破滅」…キースに嫌われることと、
どんどん過激な思想を表明して、
行動までするので身が実際に危険だということ)
(むしろキースにとって、シロエはだんだん気になる存在になるのだけれど、
シロエはそれを知らない)


たとえ死んでも、
否、死ぬことでこそ、
キースの心に、絶対に忘れられない記憶として残る…



「キース」が「本編で」涙を見せるのは、
後にも先にもあの時だけなんですよね。
前期OPで毎回描かれるので、
ちゃぶ台返しと同じ原理で騙されてしまうかもしれませんが。

1番は少し甘めですが、だからこそ、
シロエが秘密の恋情を綴っているようで、
萌えました。


キースは、本人にそのつもりがなくとも、
いつも一人で行ってしまうんですよね。



「Ballad」も、
確かにキースは、恋やその他人間らしい感情を初めて知ったんだよなぁ…
と、しみじみ思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/145-bf76c800


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。