上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ゛~ エデン劇場版I 劇場で観たくなっちゃったよ~受験生なのにぃ…

記事文中に「おや?」と思った箇所(編集部の単純ミスですね)もありましたが、
概ね面白く読みました。

「咲ちゃん=監督!?」 さもありなん。

小説版では、
「滝沢がなぜ記憶を消さざるを得なかったのか」
「ニートたちはなぜ裸だったのか」
などいくつかの謎が明かされる…
って、先月号(一般的には先々月号)までの連載には、そんなのなかったよ!?
単行本買えってか?
まあ、いつか読みますよ。


明かさないのもエンターテイメント
ってそりゃそうだけど、
あの惹句であれはないんでないかい?
…まあ、昔のことです。忘れます。

今はとにかく、劇場版×2(と、小説版単行本)を楽しみにしますよ。
できるだけ早い劇場版DVD化(レンタルリリース)をお願いしますm(_ _)m


◆◇◆


文庫特集


シリーズをまとめるなら、何万部以上売れた巻限定ではなく、全巻累計にすべきだと思うが…
全体としては面白かったし、
世相をよく反映していると思う。


感動すらしたのが、作品紹介がしっかりしていること。
普通だと、
「あんた、分かって書いてんの? せめてネットで調べるくらいまともにしようよ」
と思うような作品紹介が、
溢れかえるような印象があるが
(信頼できるのは某誌だけだ)、
この特集では、少なくとも私の知っている作品に関しては、
変なところはなかったように思う。


特に、絶対におかしなことになっていると予想した彩雲国が、きちんとしていて感心した。
あれは読んだ人しか書けないだろう。
少なくとも読んだ人の感想を的確に抽出する能力はあったということになる。
ダ・ヴィンチもなかなかやるな。(なにをえらそーに…)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/141-98efaa56


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。