上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月並みな表現になりますが、

宵山を舞台にした6つのエピソードが、万華鏡の如く互いに互いを映し込みながら回っていく。

私は単行本化された森見作品はほとんど読んでいますが、「きつねのはなし」だけ読んでいません。怖そうなので。
この宵山万華鏡が多分限界です…

ともあれ、宵山に行ってみたくなりました。どんなに混んでいても。

◆◇◆

モリミーは結婚によってファンを相当減らしたのではないかと、私は危惧していて、
トークショーやサイン会などの盛況を聞くと、そうでもなかったようなので安心しました。

ホモソーシャル(またはそれに近似するもの)な学生生活を送った(送らざるを得なかった)(現在(進行)形・未来形含む)男性たちからは
俺たちの代弁者、救世主(言い過ぎ)としてカリスマ的人気を誇り、
乙女たちからは、マイルドなハートをクラシカルな文体で包んだ、太宰・芥川風美形作家としてアイドル的人気を博したモリミーですから、
もしエイベッ●ス所属の歌手だったら、結婚によって間違いなくエイベッ●スの株価が下がっただろうと言われていました(私から)。
実際は、ファンは案外冷静だったようですね。
まあ、私も変わらず読んでますし。

そういえば男性アイドル(またはそれに近似する芸能人)って、女性アイドル(略)と比べて、結婚による人気の衰えってあまりないことも多いですよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/117-8d97bbfe


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。