上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放送終了する前に物語外部の全体的な感想をまとめておきます。


OP…音楽と画の調和は前提として、凄くかっこいいです。現在のマイベストOPは地球へ…の前半ですが、その高揚感とは違った、深夜的な、大人のかっこよさがあります。あたしったら横文字に弱いのか?
最後の、監督の名前が出るあたりは、二人の表情がいいのか、初めて観た時はは感動すら覚えました。

願わくは、歌詞を表示して欲しい。


ED…最初はEDらしく(私の考えで)大人しい感じかと思ったら、中々どうして、後半はOPでも良いような、疾走する、というか…うーん。とにかくかっこいいです。
歌いたいので歌詞を表示して欲しい(買えってか)。
映像良い。
滝沢が咲を助け起こしてから鉛筆ミサイルを撃ち落とし、
畳まれるまでの流れで毎回滝沢に惚れ直していると言っても過言ではない。
クラフトや切り絵のコマ撮りだろうに(だよね?)、こんなに短いのに、とても魅力的な物語を感じる。


劇伴…元・吹奏楽部員である私は、いまだに音楽に人並み以上の関心を寄せてテレビ・映画を観るのですが、
東のエデンの劇伴は何故か記憶にないんです…
物語の陰に隠れているようです。
サイトを見るときに音を消していたり、放送を観ている間、話を追いかけ追い越そうと脳をフル回転させている私にも問題がありましょう。


デザイン…ノブレス携帯に萌える。
サイトの「東のエデン」で、一応じっくりみられるけど、もっと大きく、様々な角度から見てみたい。


9話で漸く気がついたけど、ロゴの「東」の口の中の横棒ってミサイル?


それにしても、「凄い」「かっこいい」「凄くかっこいい」「萌える」って…
あたしあほ?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amollamorersgm.blog112.fc2.com/tb.php/102-ae24485c


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。