上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
方向性としてはおおよそ期待通りであり、質としては期待以上だった。


冒頭、前回の直接の続きかと思いきや(後で実際にそうだとわかるのだが)、「叶うならば、もう一度あの日に戻りたい!」で、巻き戻り、エンディングが始まったのには心底驚いた。
常々、エンディングがロゴから始まるのが気になっていて、オープニングのつもりで制作していたのだろうかとまで思っていたが、実際にオープニングとして視聴すると、やはり曲調がオープニング的ではないと思う。
かといって、印象が悪いわけではない。演出としては効果的だった。毎回のエンディングは、毎回の「私」の後悔が無駄であること、何度やり直しても何を選んでも同じような四畳半世界のままであること、「囚われている」という強い感覚を私たちに抱かせるものである。前回は文字通りに囚われてしまったので、エンディングで「囚われている」という感覚は最高潮に達した。しかし、1週間経つ間にその感覚はどうしても弱まってしまう。その弱まった感覚をもう一度ピークに持ってこさせる、よい演出だ、と思った。オープニング映像も「囚われ感覚」を喚起するものであるが(後述)、実際に四畳半世界に独り閉じ込められているので、四畳半の外の世界が描かれず、それどころかキャラクターすら1人として登場しない、エンディングの方が、より効果的だろう。

通常のオープニングよりもクレジットが読みやすかったのも良かった。通常のオープニングは文字の移ろいが速すぎて私の動体視力ではどうにもならなかったのだ。「この後、本編が始まります」と出していたのも、面白くもあり、わかりやすくもあった。これがなければ、本編で寝落ちしていたのか!?という不安を抱きかねない。


前回と今回の内容が、私の中で混乱しているのだが、ご容赦いただきたい。

独りカステラを乱暴に貪り食い、涙するのは今回だったか。
「大きなカステラを1人で食うことほど寂しいことはありませんからね」うろ覚えだが、第1話(多分)での小津のセリフである。

小津をはじめ、樋口師匠、城ヶ崎、顔舐め羽貫さん、「どうしてあんたにそんなこと教えなきゃならないの」「これはモチグマンといって…」「先輩は阿呆です」の明石さん、思えば、程度の差こそあれ、まともな登場人物は1人としていない。この濃ゆい人々の影を、「私」は四畳半世界に見ていく。これだけ濃い人々なら、四畳半の中の情報だけからでも、あれだけ詳細にわかってもいいのかも知れない。ただ、「私」がいかにも日記などをつけていそうな性格に見えるから、今までの回で日記を書くシーンを出すなりして伏線を張っておいた方が良かった。

(つづく)
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。