上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総集編Iにステーション編がほぼ、なかったので、
ブログ休止中に、奮発して本編第3巻を買ったら、
ファンディスクが、もう、スバラシ過ぎたので、
また節約をして、5巻(キース×マツカ)を購入し、
テラサイト様で、エピローグネタが増えてきて、気になったので、
試験が終わったその日に第8巻を買いました。
もっとお金があれば全巻購入特典を狙ったのですが…

さてさてFDの感想です。
ラジカセを買い換えて、夜寝ながらイヤホンで聴けなくなってしまったので、最近は聴いていませんが、印象は鮮烈です。


3巻
「じゃあシロエ×キースがいい」
「しょうがないなぁ…今日だけだぞ」
。・゜゜(>_<)゜゜・。
や、やりました、
全国のキスシロ派の方には申し訳ありませんが、
シロキス派として、生きてて良かった~
生意気でありながら可愛い、シロエを体現したようでした。

コメンタリー、あれだけは勿体ないですよ、もっと聴きたかった。
あの、伝説のセリフ「元気でチューか?」の話が良かった。
「俺のキースになんてことを!?」
ってもうほんとその通り、
そしてその後の展開もその通り。
あれがないのとあるのとでは、キースの立ち位置が全然違ったのではないかと。
アニメ版では出生の秘密もかなり遅れるし。
コメンタリーを聴いた後で本編を観ると、確かに、ぎこちなさが絶妙なんですよね。
うますぎる。

シロエとキースの対話も…
確かに、演出は、セリフを被せるようにした方が良いですよね。ラステス観てみたかった…
被せるのは技術的に厳しいのかな?
まあ、現状でも自分史上有数の名シーンです。

原作朗読も(≧ω≦)b
ゲームもv面白かった。

シャン学!! これが世間を騒がせていたシャン学かぁ
…って、こりゃ、いいのか す ご い ぞ
と思った記憶が。
シロエ可愛い。


(全部済ませるつもりでしたが、ペース間違えました。
続きます)
スポンサーサイト
※私の仮面ライダークウガの感想は三浦しをんの「桃色トワイライト」における感想を前提としております。
もしこの記事を読むような方がいらっしゃるのなら、その方は、先に「桃色トワイライト」をお読みください。

セリフの抜粋などは不正確なので、ご了承ください。
感想1の続きです。

続きを読む »

カテゴリ変更


その他アニメ→その他サブカルチャー

いいのか、ホントに「サブカルチャー」であってるのか?
※私の仮面ライダークウガの感想は三浦しをんの「桃色トワイライト」における感想を前提としております。
もしこの記事を読むような方がいらっしゃるのなら、その方は、先に「桃色トワイライト」をお読みください。

セリフの抜粋などは不正確なので、ご了承ください。

続きを読む »

まだ機能してたんだ~
解除しなくて良かった(≧ω≦)

うぅ、フィギュア欲しー
でも置く場所も、金もないし…
ケータイで、有料なら、テラフェチ選手権も多分しないし
(やってもどうせ情けない成績しかとれませんが)


いや、アベPの川柳もあったし、
久しぶりに地球へ…と繋がれて、
本当に嬉しいです。


そういや最近地球へ…カテゴリの記事がないですね。
まだまだ書くべきことがありますから、
覚えているうちに書いておかないと。
あ~、
やっぱり連載終わっちゃいましたね。
次号(というか、今売っているやつ)で特集みたいですが。
映画公開は11月でしたっけ?
だとすると、連載終了が一月早かったんじゃないかな。

今回の注目ポイントは、やっぱり
「ダ・ヴィンチ買うてきて」ですね。
ダ・ヴィンチがセレソン関係事件を扱ってるの!?
いやいや突っ込むまい。
こういうサービスは楽しくて好きです。


あとは、結城くんが60発のミサイルを打ち込むのに約90億円使っていることですね。
あ、よく見たら既に6都市空爆するのに9億円以上使ってるわ。

ミサイル代を決して折半せず、
板津を轢いた車の処理も結城くんに押し付ける…
物部さん、なんとひどい…好きだー(え

それを止めた滝沢の残金も気になるところです…
ニートの意見から最良のものを抽出したんだから、
たのむよ。


平澤と板津の出会いもちゃんと説明されていましたね。
まぁ、どのくらいあり得ることなのかは、私にはわかりませんが。


◆◇◆


最近、テレビ・雑誌等で蒼井優をみると、反射的に
あっ、咲ちゃんだ
と思ってしまうのです。
はぐちゃんですらなく。

ちょっと恐ろしいですよね。
ハチクロは原作未読、アニメ映画は見ず、ドラマは弟が見ていたという、
我何をかしらんや な人間なのに、
そして軽く外見だけでハチクロキャラとエデンキャラを対応させただけなのに、
勝手に脳内実写キャスティングを行い、
すっかりはまりこんでいる自分が。


というわけで、意識的に脳内実写キャスティングを始めましたが、
滝沢を松ケンに決めた時点で、
実写ハチクロとの対応を早々と捨てました。
(今、映画で森田を演った人が思い出せないのですが、まさか…?)

しっかりと見ていないものを基にキャスティングするのはそもそも無理なので当然ですが。

ん~意外と難しいなぁ

大学卒業程度に見える、思い出せる役者さんの層が薄いみたい。

まとまったら記しておきましょう。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。